幼児教室調査サイト

幼児教室を探すときはここに気を付けよう

*

はじめての幼児教室選び

最近の幼児教室は、0歳児からのクラスを設けている所が多く、それは少子化と核家族社会のニーズに合ったものだと思われます。教室側からすれば、0歳から通う事で、長期間月謝を払ってもらい、子供の数の減少分を補いたいのでしょう。子供を通わせる親側からすると、核家族社会において、親子共々孤立しないよう、同世代の仲間を作りたいと言う考えが、あるのでしょう。さて、実際に幼児教室は、具体的にどのような教室があるでしょうか。大きく分けると3種類の教室があります。一つは体操や水泳などの運動系です。二つ目は、リトミックや音楽、英語などの教養系です。三つ目は、有名私立幼稚園や小学校受験の為の準備系です。どのタイプの教室でも、初めての教室選びは、慎重にするべきです。この時に子供が、あまり嬉しくない体験をしてしまうと、その教室を辞めたとしても、子供の中に悪い印象が残ってしまい、後々それを取り払うのに苦労する事になりかねません。そうならない為にも、体験教室などを活用し、我が子の様子をよく観察し、慎重に選びましょう。

幼児教室は遊びと聴覚が大事

幼児教室は難しいことではなく、遊びの中から聴覚を刺激して脳細胞を活性化させることが大事です。つまり、耳から入った情報から脳のシナプス結合を増殖させることで頭の良い子供に育つということです。わかりやすい表現で言うと複数言語をマスターさせることが幼児教育の根幹でもあります。ゼロ歳から既に幼児の脳細胞は増殖を続けていますから、その時点でどれだけ聴覚を刺激するかがポイントです。正しい発音の複数言語を聴かせるだけで脳細胞は正しい発音を記憶することができます。やがて読み聞かせができる年齢に達した時に自然と正しい発音で話すことができるということです。そのためには複数言語の正しい発音を聞かせる環境を与えることが重要になります。両親がそれを担うことができれば大きな投資は必要ありませんが、もしそれができないようであれば何らかの環境整備に費用が掛かるでしょう。幼児教育は見返りを求めるものではありませんが、それなりに幼児教室などで費用が掛かることを念頭に置くべきでしょう。

幼児教室のメリットとデメリット

幼児教室とは、小学校入学前の幼児のための学習教室のことをいいます。まだ、自分でやりたいことも決まっていない幼児ですので大半が受験を意識した親によって通わされることが多いです。幼児期の能力開発とも考えられていますが、ここで無理やり通わせると後々、自分のやりたいことも見つけられなくなってしまうなどの可能性もあるので、無理やり通わせるのではなく、本人の意思を確認して通わせてみるのもいいでしょう。また、この幼児期の能力開発に関しては「人間の自然的な発達に反する」といった研究結果も出ています。人間は幼児のころから学習塾に通わなくても自然と知識などは取り組むようにプログラミングされているということです。以上のことから、もしどうしても受験させなければならない理由がある時には仕方ありませんが、幼児教室を通わせるのはあまりお勧めしません。幼児はもっとほかにやるべきことがあるはずです。その大事な時間もちゃんと考えてあげてください。

公開日: