まずは飲食業のM&Aや譲渡とはどういったことかを説明します

飲食業は「流行り廃り」が激しい業界と言われています。一番の理由は参入壁がないことです。誰でも申請すれば開業することができます。細かい点を挙げるなら「食品衛生責任者を置かなければいけない」とか「シンクの大きさが決まっている」などとありますが、それらは大した問題ではありません。誰でも開業できるのが長所です。しかし、「長所がそのまま短所になる」のはどこの業界でもよくあることです。誰でも開業できるということは裏を返せば競争が激しいことです。これが飲食業でM&Aや譲渡が多い理由です。M&Aとは「企業の合併や買収」のことです。これには友好的な場合と敵対的な場合とがありますが、これも競争の激しさを物語っています。飲食業は不特定多数を相手にし、そして単価が低いという特徴があるのも競争が激しい理由の一つです。

M&Aを仕掛ける側の思惑と幾つかの方法

M&Aを仕掛ける側は企業の規模を大きくすることが最大の目的です。そのために時間を買っているのです。「時間を買う」とはどういうことかと言いますと、企業は成長することで規模は大きくなりますが、どんなに頑張っても時間がかかります。例えば、年間売り上げが6千万円のお店が1年で6億円になることは不可能です。ですが、合併をするなら1年で6億円にすることは可能です。小さなお店や企業ですと、経営者に譲渡価格を支払うことで完結しますが、大きな企業になりますと株式を買い取ることで成立します。一般的に合併や買収の情報は金融機関から得ることが多いのですが、ITが進歩した現在は専用のサイトなどもありますのでそれを利用することで情報を得ることができます。合併や買収のメリットとしては「時間を買う」以外にも従業員の確保もできることも魅力です。

飲食業でお店や会社を仕舞うときの方法

どんな規模のお店や企業でも後継者の育成は経営において重要な要素です。人間いつかは年老いていきますので誰かにあとを継いでもらう必要があります。その方法の一つに合併・買収があります。経営者にあとを継ぐ子供がいないケースもありますし、お子さんがいたとしてもあとを継ぐとは限りません。経営者としての能力がない人が後継者になっては従業員の人たちにも迷惑がかかります。そのようなときに第三者に経営権を譲渡するのが理想の引き際の形です。単に廃業してしまうのでは従業員や取引先に迷惑がかかりますが、ほかの経営者に経営権を譲渡するのであれば、ステークホルダー全員が納得する形になります。経営権を取得する意志がある人が経営者になるのですから譲り渡す側も安心して渡すことができるという点で理想的な形と言えます。

独自の情報ネットワークを駆使した情報提供が「ひとつの鍵」となります。 各企業様の個別事情を考慮した上で具体的にご相談をお受けしております。 ご依頼をいただく以上、お客様に満足頂くため精一杯サポートいたします。 オーナー経営者様に“最良のタイミング”で“最良の相手”とのご成約となりますようサポートいたします。 受付時間はAM8:30~PM21:30までとなっております。 飲食の事業専門M&Aに事業譲渡もお任せ